沖縄ダイビングシーズナリティ

沖縄ダイビングシーズナリティ

 

 

ザトウクジラの回遊

毎年1月~4月上旬にかけてザトウクジラが子育ての為に沖縄本島近海に回遊してきます。ザトウクジラは水中で仲間とコミュニケーションを取る為に鳴き声を発します。クジラの歌声とも言われダイビング中には、その歌声を耳にすることもしばしば。慶良間諸島へ向かう道中にもクジラを発見する事も多く、プチホエールウォッチングを楽しむことも。

 

 

ナンヨウマンタの捕食&クリーニング

サンゴの産卵のタイミングで水面付近をグルグル回る捕食マンタ、8月以降になるとクリーニングに現れるマンタを狙えます。毎年帰ってくる同じ個体も多く再会が楽しみな季節です。優雅に泳ぐ姿は見る者全てを魅了する事間違いなし!回遊魚の減る秋にはとってもありがたい存在です。

 

 

サンゴの産卵

例年5月~6月の満月の3日前から7日後までが産卵の可能性が高いと言われています。夜の水中に舞うピンクの卵(バンドル)は夏に降る雪、通称サマースノーと呼ばれダイバーの憧れでもあります。ハードコーラルとソフトコーラルでは産卵のタイミングも時間帯も違うので期間中はナイトダイビングをお勧め致します。期間前には予想日程もホームページ上にアップしますので、旅程の参考にして下さい。同時期にクマノミのハッチアウトも狙えます。

 

 

コブシメの産卵

期間中メスのコブシメはユビエダハマサンゴ等の隙間に丁寧に一つずつ卵を産み落としていきます。その間オスはジッと側を離れず、他のオスや外敵からメスを守ります。メスが安心して産卵に集中出来るようにメスには白い優しい体色を、外敵に見える側には激しい威嚇の色を。時には激しく他のオスとメスを争い闘う姿も観られます。この人間模様ならぬコブシメ模様がとても面白い!タイミングが合えばハッチアウトも。

 

 

カマストガリザメのアタックシーン

通年目撃されているが、主に7月~9月、特に9月後半から10月にかけてシイラの最盛期が狙い目。 釣り人との関係性が注目されているが、実際の所は不明。しかし釣り人が釣り上げる魚にアタックする事も事実あるのである意味、釣り人に期待(笑) 場所とタイミングさえ間違えなければかなりの高確率でお目にかかれる。 チャーターベースで終日サメ狙いを敢行する事も可能。詳細はスタッフまでお問い合わせください。

 

 

ハンマーヘッドシャークの回遊

完全に凪ぎの3月~4月に遭遇率アップ。海況に左右されやすい外洋に位置する為、行けることが既にラッキー。 ハンマーヘッドシャークのみならず、カマストガリザメや巨大な魚群が観れるこのポイントは本島最強といっても過言ではない。 海に許された者だけが体感できるスペシャルなポイント。慶良間でもチラホラ目撃されることもある。

 

 

ギンガメアジの大群

例年4月~7月に開催される粟国でのダイビングで狙う事が出来る。求愛行動の為に集まる群れは数千匹にも及びギンガメアジ玉というより、壁。群れのそばにはロウニンアジやイソマグロが捕食のチャンスを伺い、ナポレオンがおこぼれ狙いでウロウロ。期間後半になるとペアリングしたギンガメアジが増え玉は終息へと向かう。期間中は大変混雑が予想されるので遠征日程をチェックしてご予約はお早めに!

 

 

イソマグロの大群

例年4月~7月に開催される粟国でのダイビングで狙う事が出来る。潮のタイミングにもよるがMAX500匹はいるだろう群れはまさに圧巻。ギンガメトルネードを超えるイソマグロのトルネードを観れるチャンスはココにしか無い。過去にギンガメアジがトルネードになっている横でマグロがトルネードするという2層洗濯機のような光景を目にしたことがある。期間中は大変混雑が予想されるので遠征日程をチェックしてご予約はお早めに!

 

 

ウミウシ

通年見られる種も多いが、沖縄では水温の上がり始めるころに個体数が増える。別名『海の宝石』とも呼ばれ、フォト派のダイバー等にも人気が高い。季節ごとに見られる種もあるので、その時期その時期で狙いを定めると面白い。動きもゆっくりで色彩豊かなのでカメラの持ち始めには丁度いい被写体である。

 

 

根を覆う幼魚達

毎年初夏の頃に各種ハナダイやハナゴイ等、様々な魚達の新しい生命の誕生の季節がやってくる。 成魚とは全く似ても似つかない種も多く、幼魚の頃等は絶大な人気を誇るが、成魚になった途端に目もくれなくなってしまう魚種も多い。 代表格にミナミハコフグやイロブダイ等が上げられる。 華やかな幼魚達が根を覆う様はまさに癒しの光景と呼べるだろう。 この頃にクマノミのハッチアウト等が狙える。

 

 

ナカモトイロワケハゼ

6月~10月頃になるとナカモトイロワケハゼを始めとするハゼの活性が上がり、観察がしやすくなる。 オイランハゼのディスプレイ行動など河口域に生息するハゼの観察もおススメです。その他人気のハゼが各所で観られますので、ダイビングスポットごとに楽しみは尽きない。無減圧で1本フルにナカモト狙いも出来るのでリクエストお待ちしております。

 

 

ナンヨウカイワリの求愛行動など

6月の新月前7月の満月前等は回遊魚の求愛の季節。数百尾の群れで回遊し付近には捕食者達も現れ、水中は慌ただしい感じに。キビナゴなども同時期に爆発する事が多く見所の多い時期でもある。是非潮汐を見て旅程を立てて頂くことをお勧め致します。